五反田・性病検査専門サイト

KARADA内科クリニック予約サイト

淋病

淋病

淋菌(Nisseria gonorrhoeae)という細菌が
引き起こす性感染症(性病)です。

感染確率が非常に高く(20-30%)、何回でも感染します。様々な症状を引き起こしますが、自覚症状がなかったり、症状が自然消失することもあり注意が必要です。

男性

  • おしっこをするときの痛み・違和感・かゆみ→淋菌性尿道炎
  • 尿道から白い膿のようなものがでる→淋菌性尿道炎
  • 睾丸の痛み、腫れ→淋菌性精巣上体炎
  • なし→無症候性淋菌感染症

女性

  • おりものの増加→淋菌性頸管炎
  • おしっこをするときの痛み・違和感・かゆみ→淋菌性尿道炎
  • 発熱、下腹部痛、吐気、嘔吐→骨盤内炎症性疾患(PID)
  • 発熱、右上腹部痛→肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)

共通

  • なし→無症候性淋菌感染症
  • のどの違和感・痛み→淋菌性咽頭炎
  • 肛門のかゆみ・膿・血便→淋菌性直腸炎
  • 目の痛み・膿→淋菌性結膜炎
  • 発熱、関節の痛み、筋肉痛、体にブツブツ→播種性淋菌感染症

詳細

感染経路
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)
潜伏期間
男性:2-7日間
女性:約2週間
検査方法

男性:尿(感染の機会からすぐに受けられます)
女性:膣ぬぐい液(感染の機会からすぐに受けられます)

診断
  • 核酸増幅法(NAAT):リアルタイムPCR法、TMA法、SDA法
  • 培養法

治療方法

抗生物質の点滴、もしくは筋肉注射

基本的には1回の治療で終了しますが、最近は抗生物質の効きにくいタイプがいたり、クラミジアの混合感染もあるため、内服薬を併用することもあります。また感染が広がって腹痛なども伴う場合には点滴を1週間続けることもあります。

治療後の経過

治ったかの確認は2~4週間後に再検査を行います。
検査のタイミングが早いと、菌の死骸(死菌)の影響で、本当は治っているのに検査が陽性になってしまう(偽陽性)ことがあります。治療後にも症状が続く場合には、抗生物質の耐性菌による治療失敗や再感染、その他性感染症の合併が考えられますので、再度検査が必要です。

予防法

コンドーム(オーラルセックスの際も必要)