五反田・性病検査専門サイト

KARADA内科クリニック予約サイト

梅毒

梅毒

梅毒は(Treponema pallidum)が引き起こす
性感染症(性病)です。

日本では2010年以降に増加しており、様々な症状が起こります。感染後に症状がでても自然に回復し、その後長い期間体内に隠れ潜み、そのまま未治療だと晩期梅毒と言われる命に危険性がおよぶ病気となってしまいます。診断も治療も難しく、感染症専門医による治療が望ましい病気です。

感染初期(感染後10-90日)

  • 陰部にしこり・赤みがある→初期硬結
  • 陰部に痛みのない傷・潰瘍・赤みができた→硬性下疳
  • 足の付け根にあるリンパ節が腫れた→リンパ節腫脹
  • 症状なし→無症候性梅毒

感染中期(感染後40-160日)

  • 全身や手のひら、足の裏に赤いブツブツができた→バラ疹
  • 以前陰部にしこりがあったり、体にブツブツができたけど、今は消えた→無症候性梅毒、潜在梅毒

感染後期(感染後数年~数十年)

  • 皮膚にできものができた→ゴム腫
  • 原因不明の動脈瘤や大動脈弁閉鎖不全症→心血管系梅毒
  • 目が見えにくい→眼梅毒

詳細

感染経路
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)
梅毒の病変部位と、正常な皮膚や粘膜が直接接触することで感染する→コンドームで覆えない部位に病変がある、もしくは触れると感染してしまうため、コンドームでも予防できない可能性がある!
潜伏期間
平均21日間(10-90日間)
検査方法

採血(リスクのある行為から約1か月後に受けられます)

診断
  • 血清診断(RPR、TPLA)

治療方法

抗生物質の内服(2-4週間)

眼梅毒や内耳梅毒、神経梅毒にまでなってしまった場合には点滴での治療が必要になります。

治療後の経過

採血の再検査を行います。「治った」といえる数値は治療前の数値と比較し判断するため、人により異なります。また、「治った」と言える時期も個人差があるため、治療効果判定のタイミングは人によって異なります。

予防法

コンドーム(オーラルセックスの際も必要)
★コンドームの使用をしても100%は防げません