五反田・性病検査専門サイト

KARADA内科クリニック予約サイト

マイコプラズマ・
ウレアプラズマ

マイコプラズマ・ウレアプラズマ

マイコプラズマ(M.genitalium、M.hominis)とウレアプラズマ(U.urealyticum、U.parvum)が感染することにより起こる性感染症です

感染しても大半の方が無症状または軽症にとどまるため、感染は拡大しやすいです。

男性

  • おしっこをするときの痛み・違和感・かゆみ
  • 尿道から白い膿のようなものがでる
  • 睾丸の痛み、腫れ
  • なし

女性

  • おりものの増加
  • 膣性交時痛
  • おしっこをするときの痛み・違和感・かゆみ
  • 発熱、下腹部痛、吐気、嘔吐
  • 発熱、右上腹部痛

共通

  • なし

詳細

感染経路
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)
潜伏期間
7-35日間
検査方法

男性:尿(感染の機会から24時間後に受けられます)
女性:膣ぬぐい液(感染の機会から24時間後に受けられます)

診断
  • 核酸増幅法
    ※保険収載されていない検査のため、自費検査を行っているクリニックでのみ検査可能です

治療方法

抗生物質の内服(7-10日間)

抗生物質に耐性を持っていることが多く、治療が困難なときが多い。

治療後の経過

治ったかの確認は2~4週間後に再検査を行います。
検査のタイミングが早いと、菌の死骸(死菌)の影響で、本当は治っているのに検査が陽性になってしまう(偽陽性)ことがあります。治療後にも症状が続く場合には、抗生物質の耐性菌による治療失敗や再感染、その他性感染症の合併が考えられますので、再度検査が必要です。

予防法

コンドーム(オーラルセックスの際も必要)