五反田・性病検査専門サイト

KARADA内科クリニック予約サイト

B型肝炎

B型肝炎

B型肝炎ウイルスが感染することにより起こる感染症です

急性の肝障害が起こり、悪化すると入院が必要になってしまいます。中には1%程度の確率で劇症化と言って命に危険がおよぶ重篤な状態になってしまうこともあります。感染者の血液や精液中にB型肝炎ウイルスは含まれ、輸血やセックスによって感染が起こり、その感染確率は30-40%と非常に高いです。

B型肝炎

  • 無症状
  • 発熱、だるさ
  • 目・顔が黄色い→黄疸
  • おしっこが濃い→濃色尿
  • 肝臓の数値が上がる(肝機能障害)
  • 吐気、嘔吐
  • 食欲低下
  • みぞおちが痛い・重い→肝腫大
  • 関節痛

詳細

感染経路
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)
潜伏期間
平均3カ月(1~6か月)
検査方法

採血(リスクのある行為から約7-100日後に受けられます)

診断

HBs抗原・IgM-HBc抗体測定 (症状がでているころには検査で見つけることが可能です)

治療方法

多くの場合自然に治りますが、多くの場合入院が必要です。 感染が慢性化(ウイルスが消えず、体の中に留まってしまった状態)したり、劇症肝炎に移行してしまった場合には、インターフェロンや核酸アナログ製剤という薬を使用することもあります。

治療後の経過

一度感染すると抗体ができ、今後感染しないようになります。抗体とはウイルスをやっつける武器のようなものです。この抗体ができたかを採血で確認します。また、B型肝炎ウイルスはいくつか種類があり、種類によっては10%くらいの割合で慢性化してしまいます。

予防法

コンドーム(オーラルセックスの際も必要)/B型肝炎ワクチンの接種