五反田・性病検査専門サイト

KARADA内科クリニック予約サイト

C型肝炎

C型肝炎

C型肝炎ウイルスが感染することにより起こる感染症です

急性の肝障害が起こり、悪化すると入院が必要になってしまいます。感染者の血液や精液中にC型肝炎ウイルスは含まれ、輸血やセックス、麻薬使用者の注射器使いまわしなどによって感染が起こり、その感染確率は3-5%程度とされています。

C型肝炎

  • 無症状
  • 発熱、だるさ
  • 目・顔が黄色い→黄疸
  • おしっこが濃い→濃色尿
  • 肝臓の数値が上がる(肝機能障害)
  • 吐気、嘔吐
  • 食欲低下
  • みぞおちが痛い・重い→肝腫大

詳細

感染経路
性行為(セックス、アナルセックス)/注射器の使いまわし
潜伏期間
平均46日間(6-112日)
検査方法

採血(リスクのある行為から約2日-8週間後に受けられます)

診断

HCV抗体測定:平均7-8週間後に数値が上昇します
HCV-RNA:2-3日後から血液中にでてきます

治療方法

DAA(Direct Acting Antiviral)と言われる治療薬の出現によって、治る病気となりました。

治療後の経過

採血を行い、肝機能が正常になっているか、血液中のC型肝炎ウイルスが消えたかを調べます。一度治っても再感染をするので注意が必要です。

予防法

コンドーム