五反田・性病検査専門サイト

五反田TEL:03-3495-0192【休診】日曜・祝日

渋谷TEL:03-6416-3127【休診】祝日

コンドームをつけないで膣性交をする(挿入する側)
行為から感染の恐れがある性病を調べる

コンドームをつけないで膣性交をする(挿入する側)

コンドームをつけないでセックス(膣性交)をすると男性(挿入する側)に性病がうつる理由

亀頭や尿道、膣は粘膜と言われる組織で、皮膚に比べ菌などが侵入してきやすい場所です。コンドームを使用しないで膣性交(ナマ、本番と言われる行為)をすると、お互いの粘膜同士が触れ合いますので、相手の性器に性病を引き起こす菌などがいると、その性病にかかってしまうリスクがあります。

感染の恐れがある病気

性病の予防法

コンドームを装着しましょう。行為の初めから最後までしっかりつけましょう。途中からつけたり、最後の方で外してしまっては、感染を防ぐことができません。 行為が終わった後に排尿をすることで、尿道から侵入してきた菌などが外へ出るため、一定の予防効果があります。

検査メニュー・料金

The following two tabs change content below.
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。性感染症(性病検査)も専門とする。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』 ●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中 ●Yahoo!ニュース公式コメンテーター