五反田・性病検査専門サイト

五反田TEL:03-3495-0192【休診】日曜・祝日

渋谷TEL:03-6416-3127【休診】祝日

ブログ
五反田・性病検査専門サイト

性感染症診察におけるプライバシー配慮に関して

性感染症を取り扱うクリニックの院長として本日皆さんにお伝えしたいことは、

あなたの体のこと、問診で伺った内容(性交渉の内容や風俗の利用など)、その他あらゆる個人情報が他人へ皆様の許可なく開示されることは一切ありません。

当然のことなのですが、多くの方から診察室内でご不安を抱えて質問を受けるので、まずはじめに、お伝えしたいと思います。

性感染症を疑った場合に、私たちは色々な角度でみなさんの性交渉について質問をさせていただくことがあります。これはあくまでも診断治療の方針を決めていくにあたり、重要な情報になります。こちらも専門家としてお伺していますので、安心してお答えください。もちろんプラバシーにも十分に配慮して質問させていただきます。

とても大事なことだと思いますので、何度でもお伝えしたいです。

診療に関する情報は許可なく、他者に伝えることは一切ありません。

 

性感染症診療におけるプライバシーについて

 

二つの観点からお話したいと思います。一つは、診察時のプライバシー(診察室)と診療後のプライバシー(自宅や会社などの勤務先)についてです。

 

プライバシーを守るために
診察の空間 個室で、音漏れしない設計となっております
診察スタッフ 医師と患者さんのみで診察いたします。場合によっては、女性スタッフが同席する事があります。
女性の内診 当院では、女性の内診は行っておりません。必要時は、婦人科をご紹介させていただきます。
カルテの閲覧 スタッフは業務上必要な時に限り、閲覧を許可しています。診察と関係のない閲覧は禁止しており、他者に漏洩しないよう個々人と契約を結んでおります。また、適宜プライバシー配慮に対し研修を行っております。

 

診察時のプライバシーについて

・診察は個室空間

性交渉などかなりプライベートな内容に関して質問させていただくことがありますが、それは診断に役に立つことがしばしばあるからです。あくまでも私たちは医療の・感染症の専門家として必要で十分な質問をさせていただいております。当然個人的な興味などで聞いているわけではありません。ただし、その情報を皆さんが安心して、提供できる体制が必要だと考えております。

そこで私たちが大切にしているのが、診察の空間です。個室ですし、完全に締め切って診察することも可能なため、音が外に漏れることも防ぐことができております。診察室は、待合室とカーテン一枚で仕切られているだけと言うことはないです。

・診察内容・カルテ情報

KARADA内科クリニックでは、性感染症の診療を医師1名(男性医師が担当することが多いです)と患者さんで実施しております。女性の患者さんの診察時に、女性スタッフが同席させていただくことも可能です。遠慮なくおっしゃってください。なお、女性の内診*は一切おこなっておりません。

*感染症内科医が必要十分な問診をさせていただきます。婦人科のように、医師による内診はしておりませんが、性感染症に関わる検査や治療に関して適切な提案をさせていただきます。もちろん内診が必要な場合には、婦人科をご紹介させていただきます。

皆様から提供いただいた情報は、その他の医療者が確認できるようにカルテに記載します。ただし、この情報は守秘義務がありますので、皆様の許可なしに、一切他者へお話しすることはありません。

 

診療後のプライバシーと最大の懸念

 

当院では、様々な背景があり、みなさんが受診されていることを重々承知しているつもりです。医療者として、起きてしまったことに対して少しでも役に立てることはないかと考えております。

具体的には、例えば風俗店を家族に内緒で利用して性感染症を患っている方、あるいは、真のパートナーでない方との性交渉で性感染症を患っている方など実際に診察室にいらしていることもしばしばあります。

あくまでもこのような状況においては医療者としては、感染症を見つけ出し、治療して、さらに周囲への感染を拡大させないための最善を尽くす努力をお互いにしていけるようなアドバイスを提供させてもらうことがまず肝心であると承知しております。

したがって、あくまでも医療情報として、大切に保管しております。これらも当然他者に診療後公表することは患者さんの本人の了解なしに行うことは決してありません。

 

そこでよく質問があるのは、本当に「家族に性感染症の治療をしたことはバレないのか?」「職場や会社にバレないのか?変な目で見られないのか?」と言うことです。

これに対する答えにつながる情報を提供していきたいです。

 

ご自宅に届く情報

・郵送物について

当院より皆様に郵送物をお送りすることはありません。

・保険証の使用

保険証を用いて診療を受けることで、当院で何らかの診療を受けたという記録は年末にご自宅に保険証の代表者宛に「診療費のお知らせ」という形で通知がいくと思います。

ここには、診療内容の記載はありませんが、KARADA内科クリニックを受診した記載は載ります。その通知が御家族内で共有されてしまう可能性はもちろん否定できないかと思います。

しかし、KARADA内科クリニックの受診=性感染症診療を受けた想起されることはむしろ少ないのではないかと思います。

実際当院では、通常の一般内科診療も日々おこなっており、日常的に風邪・花粉症・胃腸炎・高血圧・糖尿病・便秘・睡眠障害など様々な内科的な問題を抱えた方が受診されております。

もちろん内服している薬などから、性感染症を推察するなどすることは可能かもしれません。性感染症の治療で用いる薬は一般の感染症でも用いることもしばしばありますし、そもそも保険証を使わなかった場合にも同様の事案となります。

ただし、どうしても保険証を用いて診療を受けたくないと言う方のために、自費での診療も提供しております。自費で検査や治療を受けると言うことは、当然保険診療よりも高額になります。

自費診療の値段は、こちらのページに明記しておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

また、皆様の個人情報を聴取することなく、受診することが可能です。例えばイニシャルと電話番号だけでも受診することが可能です。お名前や年齢を伺うことも控えて、シンプルに性感染症の検査と治療を受けていただくことも可能です。

 

どんな問診をされるのか?

 

最後に、ここまでの記載によって、当院では皆様のプライバシーに配慮した診療をしていることをお伝えできたかと思います。

ただ、ここまでプライバシーのことについて説明を繰り返すと、医師からどのような診察時の質問があるのか?とご不安な方もいるかと思います。

どんな問診をする可能性があるのか、最後に提示してみたいと思います。

性感染症の問診には次のようなものが含まれます。

国際的に、性感染症の問診事項として重要な項目が公開されております。日本語に訳して皆様に提示しておきます。表に示したような内容を皆さんに、診察室内で伺うことがあると思います。診断・検査・治療のために重要な情報ですので、分かる範囲・答えられる範囲でお答えください。

性交渉歴を聴取する際の5つのポイント
性交渉の相手 性交渉相手の性別、パートナーとの性交渉か、人数、風俗店の利用
実際の性交渉 オーラルセックス、アナルセックス
避妊の方法について どのような避妊手段をしたか
性感染症の予防方法 性感染症から身を守るために、どのようなことを行ったか
過去に性感染症にかかったことがあるか 自分とパートナーの性感染症の既往(過去の感染)。金銭の対価としての性交渉有無。

性感染というのがとてもデリケートな病気であることはスタッフ一同十分認識しております。ただし、だからと言って、それによって診察のタイミングが遅れたり、治療のタイミングを逃してしまったり、さらに感染を広げてしまうということが最も良くないことだと考えております。

そのため、皆様が不安なく、少しでも早く医療機関にたどり着き、適切な診療を受け、不安を解消して日々を生活できるように全力でサポートさせていただければ幸いです。

KARADA内科クリニックで、性感染症に関する相談や悩みや不安を受け止められるよう日々準備を怠らず皆さんをお待ちしております。

The following two tabs change content below.

田中雅之

渋谷院長KARADA内科クリニック渋谷
KARADA内科クリニック渋谷 院長 【資格】医学博士、日本感染症学会専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医(厚生労働省) 東京だけではなく、北海道のオーホーツク海を目の前にしながらも総合内科医としてその地域に根ざした診療に従事してきた。また、内科の専門として感染症専門医としてもこれまで一般的な感染症診療のみならず、ワクチン接種や性感染症やHIV感染症などの診療にも取り組んできた。 また、研究者として、医療現場の日常に潜む倫理的な課題にも向き合いながら学会や論文で発信を続けている。

検査メニュー・料金