五反田・性病検査専門サイト

五反田TEL:03-3495-0192【休診】日曜・祝日

渋谷TEL:03-6416-3127【休診】祝日

ブログ
五反田・性病検査専門サイト

落合陽一【緊急検証】東京封鎖”ロックダウン”は起こるか?に出演いたしました

3月18日、NEWS PICKSの生配信に出演し、落合陽一さんや宮田裕章 さん(慶應義塾大学医学部教授) ・西田亮介さん(社会学者/東工大准教授)と”ロックダウン”に関してディスカッションいたしました。             動画はこちら(クリック) ※視聴には会員登録が必要です ...

性行為と新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界で猛威をふるう中、日本国内の感染もじわじわと拡がってきています。
感染経路は飛沫感染と接触感染とされており、「手を洗いましょう」、「せきがある時はマスクをしましょう」とその予防法が各所で言われています。 さて、「セックス(性行為)」についてはどうでしょうか。 「そりゃうつっちゃうでしょ、コロナ」と思う方もいれば、「行為によっては大...

梅毒治療開始後に皮疹・湿疹がでたら

梅毒と診断され、治療を開始したのち、「体が赤くなってきた」、「体に赤い皮疹がでた」、というような皮膚の異常がでるかたがいらっしゃいます。この状態は、「薬を飲んで何日目くらいか」という情報が重要で、それにより考えられる状態が変わってきます。
  ①内服薬開始後、約24時間以内
これはJarisch-Herxheimer(ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー)反応といい...

スタッフ紹介:田中雅之 医師

              【担当日】 木曜日:午前 【自己紹介】
診察室で、患者様のニーズや不安を受け止めて、ともに考えながら診療をすすめていきたいと思っております。
医師としてお手伝いできることがないか常に考えて行動したいと思いますのでよろしくお願いします。 【略歴】
2010年 東京医...

スタッフ紹介:小林勇仁 医師

              【担当日】 第2土曜日:終日 【自己紹介】
丁寧な診察と分かりやすい説明を心がけています。 【略歴】
2010年 東京医科大学卒業
2010年東京医科大学病院 初期研修医
2012年 東京都立多摩総合医療センター 内科シニアレジデント
20...

スタッフ紹介:渡邊裕介 医師

              【担当日】 第4土曜日:終日 【自己紹介】
常に自分の家族だったらどうするか、と考えながら診療致します。 月1回ではありますが、宜しくお願いします。 【略歴】
2012年 東京医科大学卒業
2013年 横浜南共済病院 初期研修医
2015年 東京医科大...

スタッフ紹介:笹尾怜子 医師

              ※女性医師です 【担当日】 第1・3・5土曜日:午後 【自己紹介】
大学病院で学んだ総合診断力と、2年間の離島診療所で学んだプライマリ・ケア、救急医療等の経験を生かし、幅広い視点から丁寧な診療を心掛けます。 【略歴】
2014年 東京女子医科大学医学部卒業、東京女子医科大学東...

体に皮疹や湿疹がでてしまう性病

セックス後に体に湿疹や斑点のようなもの、赤い皮疹がでたときには、性行為関連感染症(性病)の可能性があります。 特に梅毒とHIV感染症は様々な皮膚の症状が出るため、どのような湿疹・皮疹のタイプでも検査をしておくべきです。梅毒、HIV感染症ともに診断は採血で行います。

【1】梅毒
梅毒は感染後どれくらい時間がたっているかで、ステージが変わります。 ①第1期梅毒...

「喉(のど)が痛い」ときの風邪と性病の見分け方

口を使ったセックス(オーラルセックス:フェラチオやクンニリングスなど)の後に、のどが痛くなってしまったら、「セックスが原因?」、「何か性病が喉(のど)にくっついた?」と不安に思う方は大勢いらっしゃいます。正直、検査をしてみないとわからないことが多いのですが、その見分け方のヒントを書いてみたいと思います。

咽頭(のど)に感染する性感染症(性病)   下記の通り...

マイコプラズマ・ウレアプラズマを詳しく解説│KARADA内科クリニック

性感染症(性病)の中で、「淋菌(淋病)」や「クラミジア」は、聞きなれた病名かもしれませんが、「マイコプラズマ」や「ウレアプラズマ」はあまり聞いたことがないかもしれません。 本日はこの2つについて解説したいと思います。   マイコプラズマ・ウレアプラズマの基本的な解説   まず、名前についてですが、マイコプラズマ、ウレアプラズマともにそれぞれ2種類ずつに分かれます。 「マイコプラ...

子宮頚がんワクチン(HPVワクチン)について

KARADA(カラダ)内科クリニック院長の佐藤です。 本日は子宮頚がんと、
HPVワクチンについて述べたいと思います。 ・子宮頚がんについて 子宮頚がんは、日本で年間約1万人が発症、
約2,900人が命を落としています。 その罹患者数・死亡者数とも近年増加傾向で、
特に20歳~40歳台の働き盛りの女性や子育て世代の女性で顕著になっています。 ・HPV(Human...
1 2 3 4 5