五反田・性病検査専門サイト

五反田TEL:03-3495-0192【休診】日曜・祝日

渋谷TEL:03-6416-3127【休診】祝日

ブログ
五反田・性病検査専門サイト

【保険適用】郵送検査や自費クリニックで陽性だった方へ

渋谷・五反田・オンライン診療にて性病の専門診療を行っているKARADA内科クリニックです。

今回は、できるだけ費用を抑えて性病の治療を行いたい方へご案内いたします。

結論から申しますと、郵送検査や自費診療のクリニックの性病検査で陽性となった方は、保険診療を使う事によりご本人の費用負担がかなりお安くなります。

自費診療での治療費の支払い負担に困られている方、自費診療での治療費が高いと悩まれている方はご相談ください。また、GMEやstdチェッカーなどの郵送検査で陽性となった方の診療も対応しております。

もちろん、自費診療でお受け頂く事も可能です。

保険適用での治療費例

診断名 治療内容 保険診療金額
梅毒(飲み薬) 飲み薬の抗生物質を1種類 28日分 約2,200円
梅毒(注射) 注射1回 約3,000円
クラミジア 飲み薬の抗生物質を1種類1回 約1,200円
淋病クラミジア 飲み薬の抗生物質を1種類1回+点滴の抗生物質を1種類1回 約1,600円
マイコプラズマ・ウレアプラズマ 飲み薬の抗生物質を1種類 10日分 適用なし
カンジダ 飲み薬の抗真菌薬を1種類 3日分 約1,400円
カンジダ 塗り薬の抗真菌薬を1種類 約1,300円
尖圭コンジローマ 塗り薬の抗ウイルス薬を1種類 2週間 約5,500円
トリコモナス 飲み薬の抗生物質を1種類 約1,900円
毛じらみ 塗り薬 適用なし

対象となる方

・郵送検査で陽性となった方

・自費診療のクリニックで性病検査を受けたところ、陽性と分かった

当日の持ち物

・結果が分かるもの(スマホの画面をお見せ頂くでも構いません)

・保険証(自費診療希望の場合は不要です。)

プライバシーに関して

よく質問があるのは、本当に「家族に性感染症の治療をしたことはバレないのか?」「職場や会社にバレないのか?変な目で見られないのか?」と言うことです。

これに対する答えにつながる情報を提供していきたいです。

<ご自宅に届く情報>

郵送物について

当院より皆様に郵送物をお送りすることはありません。

保険証の使用

保険証を用いて診療を受けることで、当院で何らかの診療を受けたという記録は年末にご自宅に保険証の代表者宛に「診療費のお知らせ」という形で通知がいくと思います。

ここには、診療内容の記載はありませんが、KARADA内科クリニックを受診した記載は載ります。その通知が御家族内で共有されてしまう可能性はもちろん否定できないかと思います。

しかし、KARADA内科クリニックの受診=性感染症診療を受けた想起されることはむしろ少ないのではないかと思います。

IMG_20220527_0001

↑診療費のお知らせ例(保険者により内容は変わりますのでご了承ください)

実際当院では、通常の一般内科診療も日々おこなっており、日常的に風邪・花粉症・胃腸炎・高血圧・糖尿病・便秘・睡眠障害など様々な内科的な問題を抱えた方が受診されております。

もちろん内服している薬などから、性感染症を推察するなどすることは可能かもしれません。性感染症の治療で用いる薬は一般の感染症でも用いることもしばしばありますし、そもそも保険証を使わなかった場合にも同様の事案となります。

高額な治療費にて性病の検査や治療にお困りの方は、保険適用の診療を提供しているKARADA内科クリニックにご相談ください。

The following two tabs change content below.
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。性感染症(性病検査)も専門とする。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』 ●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中 ●Yahoo!ニュース公式コメンテーター

検査メニュー・料金