五反田・性病検査専門サイト

KARADA内科クリニック予約サイト

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルス(HPV)が引き起こす性病です

痛みやかゆみを伴わないイボのようなものが性器、肛門周囲にできます。イボのようなものを直接見たらいいのですが、自覚症状がないため、気づきにくい性病です。塗り薬だけで治らない場合は外科的に切除をする必要もあります。

尖圭コンジローマの症状

  • イボが肛門や性器にできる
  • イボが集まってカリフラワーのようになる

尖圭コンジローマの詳細

感染経路
性行為(セックス、アナルセックス)
イボの中にウイルスは多く含まれており、セックスにより皮膚や粘膜の微小な傷から侵入します。
潜伏期間
数週間-3か月
検査方法

特にありません

診断
  • イボを見て診断します

尖圭コンジローマの治療方法

塗り薬や液体窒素による凍結療法、外科的切除などがあります

治療後の経過

再発することもあり注意が必要です。免疫ができないので、何度でも感染します。

尖圭コンジローマの予防法

コンドーム

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。性感染症(性病検査)も専門とする。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』(20年7月15日発売予定)